Biography

宇野由樹子

1995年生まれ、岐阜県岐阜市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業。東京藝術大学に平成26年度宗次徳二特待奨学金奨学生として首席で入学。宗次徳二海外留学支援奨学金第1期生として2015年より渡欧し、オーストリアのザルツブルク • モーツァルテウム芸術大学を卒業。スイスのバーゼル音楽院ソリスト修士課程を満場一致の最高点で卒業。
2019年エリザベート王妃国際コンクールにファイナリストとして入賞、2016、2017年アンドレア・ポスタッキーニ国際コンクール2年連続第1位、中国光亜成都国際ヴァイオリンコンクール2016第1位、オレグクリサ国際コンクール特別賞、チェコ音楽コンクール第1位、岐阜国際音楽祭第1位。2020年にザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学にて年に一人、卓越した才能と芸術への献身を称えるポールロチェック賞及び奨学金を受賞。
これまでにソリストとして、大植英次、和田一樹、ジャン・ジャック・カントロフ、ヒュー・ウルフ、ヨハネス・カリツケ、ユーンクク・リー、ミシェル・ニッティらの指揮の下、新日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋室内管弦楽団、ベルギー国立管弦楽団、ワロニー王立室内管弦楽団、バーゼル交響楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム大学交響楽団、リヴィヴ交響楽団、聖ゲレートアカデミー管弦楽団、マルキジャーナフィルハーモニー管弦楽団等と共演。
イエローバーン音楽祭(アメリカ)、パレルモ・クラシカ音楽祭(イタリア)、モーツァルト週間音楽祭(オーストリア)、パルヌ音楽祭(エストニア)、聖ゲレート国際音楽祭(ハンガリー)、Classy Sundays室内楽フェスティヴァル(ベルギー)等出演。室内楽奏者としても精力的に活動し、マキシム・ヴェンゲーロフ、アンソニー・マーウッド、イムレ・ローマン各氏らと共演。
メディアにはNHK-FM「リサイタル・パッシオ」に出演。フレッシュ名曲コンサート、宗次スイーツタイムコンサート、デジタル・サラマンカホール「100人de名演」シリーズへの出演を始め、国内外において幅広くコンサート活動を行う。
これまでに進藤眞弓、玉井菜採、澤和樹、三上亮、進藤義武、ヘルヴィックツァック、ピエール・アモイヤル、ライナー・シュミット各氏に師事。ヴァディム・レーピン、レオニダス・カヴァコス、ヴァディム・レーピン、五嶋みどり、ヴィクトル・トレチャコフ、ライナー・キュッヒル、ミハエラ・マルティン、ヘルヴィック・ツァック、サバディ・ヴィルモシュ各氏らによるマスタークラスでの指導のもと薫陶を受ける。
2021年『佐渡裕/反田恭平 with ジャパン・ナショナル・オーケストラ ( JNO) 特別編成日本ツアー』にて、コンサートミストレスを務めて以来、2022年より正式にJNOに加入、コアメンバーとして活動している。