1995年生まれ、岐阜県岐阜市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業。東京藝術大学に平成26年度宗次徳二特待奨学金奨学生として首席で入学。宗次徳二海外留学支援奨学金第1期生として2015年より渡欧し、オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学を最高点を得て修了。2020年よりスイスのバーゼル音楽院に進学予定。
この間2019年エリザベート王妃国際コンクール入賞をはじめ、第3回オレグクリサ国際コンクール入賞及び特別賞、アンドレア・ポスタッキーニ国際コンクール2年連続(2016,2017)第1位、中国光亜成都国際ヴァイオリンコンクール2016第1位受賞など数多くの国際コンクールにて入賞を果たす。2020年にザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学にて卓越した才能と芸術への献身を称え年一人に贈られるポールロチェック賞を受賞する。
これまでにジャン・ジャック・カントロフ、ヒュー・ウルフ、ヨハネス・カリツケ、ユーンクク・リー、ミシェル・ニッティ、和田一樹らの指揮で、ベルギー国立管弦楽団、ワロニー王立室内管弦楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム大学交響楽団、リヴィヴ交響楽団、聖ゲレートアカデミー管弦楽団、Marchigianaフィルハーモニー管弦楽団、名古屋室内管弦楽団等と共演。
学内にて巨匠マキシム・ヴェンゲーロフと室内楽で共演した他、2018年聖ゲレート国際音楽祭(ハンガリー)、2019年室内楽音楽祭Classy Sundays(ベルギー)に招待されるなど、ソロ・室内楽の演奏活動も精力的に行っている。メディアにはNHK-FM「リサイタル・パッシオ」に出演。
これまでに進藤眞弓、玉井菜採、澤和樹、三上亮、進藤義武、ヘルヴィック•ツァック、ピエール・アモイヤル各氏に、現在はライナー・シュミット氏に師事。